こんにちわ。

前回の記事ではバナーデザインの初歩的なことをお話しました。
そして、本稿で簡単なバナーデザイン、及び作成について
ご案内するともお話しましたので早速お伝えいたします。

-バナーデザイン作り方-


バナーを作るには、PhotoshopやIllustratorなどのソフトが必要なります。
しかし、利益を出せない段階で以上のソフトを購入するいうことは
ちょっとハードル高いですよね。

ですので今回はフリーソフトを使った手段をご紹介いたします。

-フリーソフト一覧-


フリーソフトと言っても、
種類はたくさんあります。
ですので、バナーデザインに適したフリーソフトを
以下ご紹介いたします!

ペイント – Windows標準のお絵かきツール。
Biden – 画像を綺麗に縮小するツール。
Teon – 画像をボタン風にするツール。
FrontPage Express – IE5.xに標準添付。BMPをGIFに変換。

では、このオススメソフト使って
早速バナー作成にチャレンジしてみましょう!
以下、作成例を紹介します。

-バナーデザインにチャレンジ-


[スタート]-[プログラム]-[アクセサリ]-[ペイント] を用いて何か絵とタイトルを描く。
このとき、[変形]-[キャンバスの色とサイズ]で、[幅]と[高さ]を440×155など、88×31の整数倍に指定しておく。

Bidenを用いて、88×31に縮小して保存する。縮小することにより、文字のギザギザなどが目立たなくなる。

Teonを用いて、ボタン風にアレンジして保存する。

[スタート]-[プログラム]-[アクセサリ]-[インターネットツール]-[FrontPage Express] を起動し、
[挿入]-[画像]-[参照] で [ファイルの種類] を [ビットマップ(*.bmp)]にし、作成した画像を読み込む。

[ファイル]-[すべて保存]-[ファイルとして保存] で保存すると、BMPファイルがGIFファイルに変換されて保存される。

縮小+ボタン化により、いいかげんな絵でも結構バナーっぽくなる場合があるので、いろいろやってみましょう。